おうちで中部大学Webオープンキャンパス

機械工学科

機械の「なぜ」を知り新しい機械をつくる「開発力」、 ものづくりに必要な「設計力」、
チームをまとめる「コミュニケーション力」、 これらを身につけ 「設計開発をリードするエンジニア」を目指します。

学科紹介動画

新しい機械をつくる「開発力」、ものづくりに必要な「設計力」、チームをまとめる「コミュニケーション力」を身につけ、設計開発をリードするエンジニアを目指します。

研究室紹介

鈴木浩文研究室

最新設備を導入した超精密恒温実験室で、スマートフォンの非球面レンズ、デジタルカメラや車載用表示ディスプレイなどに応用する技術を、企業や国の研究機関と共同で研究しています。

安達和彦研究室

動力学を利用した研究を行っています。工作機械のスピンドルやロケットエンジンのターボポンプの振動の測定と解析や、ヒトが歩行する時の大腿骨に働く力の時間変化を解析しています。

平沢太郎研究室

ミリスケールの小さな炎を集めることで、燃焼を制御する研究を行っています。この炎を反応器として利用するこ とで、さまざまな新材料を開発することができます。最近では低次酸化チタン微粒子の還元合成に成功しました。

取得が期待される資格

●高等学校教諭一種免許状「工業」 ◎機械設計技術者(3級) ◎エネルギー管理士 ◎ CAD 利用技術者 など

就職率 100%

<主な就職実績>
東海旅客鉄道( 株)(JR 東海)/豊田合成( 株)/( 株)イン テック/フタバ産業( 株)/ヤマザキマザック( 株)/( 株) ショーワ/豊和工業(株)/愛知機械工業(株)/ニチハ(株) /新東工業( 株)/富士変速機( 株)/東京窯業( 株)(TYK ) /( 株)エフ・シー・シー/( 株)竹内製作所/( 株)ファイ ンシンター/中部大学大学院 ほか

4年間の学び

機械工学科カリキュラム

 

科目Pick Up

総合機械工学

「機械設計技術者試験3級」の取得を目指す講座やハイエンド3次元CADのCATIAを利用した機械設計講座、大学院進学を目指す学生のための講座を、夏休み期間に集中して行います。複数受講が可能で、より高度な知識の修得に役立ちます。

CAD/CAM

3次元CADを用いて機械設計に必要な知識を身につけます。また、CADデータを活用した加工への展開を可能にするCAMの技術も修得します。後半では一 定の設計条件のもとで、グループで課題に取り組み、作品を作り上げます。

機械工学実験A・B

材料・機械・熱・流体・制御・加工の各分野について、自ら実験し観察することを通じて学びます。アルミニウムの圧延やロボットアームの制御、炭素鋼の引 張り試験、燃料電池の特性試験、円管内の流速分布測定、はりの固有振動の測定などを行います。

Virtual Campus Walk

CAD教育施設(8号館2階)

製図室(8号館2階)

学科研究紹介

 

FANUC ROBODLILL 
稼働シーン(工学デザインルーム)

 

SNS情報はこちらから