おうちで中部大学Webオープンキャンパス

スポーツ 保健医療学科

国家資格「救急救命士」、健康運動や障がい者スポーツなどの、スポーツ指導者として活躍する知識・技術を学びます。
他の医学系学科と連携し、医学や保健医療など幅広い分野を学び、実践的な専門家を育成します。

紹介動画

医学や保健医療など幅広い分野を学びながら、国家資格である救急救命士、健康運動や障がい者スポーツ、スポーツ指導者として活躍する知識・技術を学びます。

資格取得サポート

取得が期待される資格

■救急救命士(所定の単位を修め
た学生のみ国家試験の受験が可能)
■健康運動実践指導者 ■水泳指導員
■トレーニング指導者
□障がい者スポーツ指導員初級
□レクリエーション・インストラクター□スポーツ・レクリエーション指導者
■は受験資格の取得が可能なもの。□は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。

サポート体制

Jリーグの地元チーム「名古屋グランパス」のホーム試合時には、救急救命士を目指す本学科の学生が救護ステーションをボランティアで開設・運営し、来場者のサポートをしています。

就職率 100%

<主な就職実績>
東京消防庁/名古屋市消防局/春日井市消防本部/豊橋 市消防本部/豊田市消防本部/一宮市消防本部/瀬戸市 消防本部/尾張旭市消防本部/愛知県警察本部/岐阜県 警察本部/日本郵政( 株)/( 株)ファクトリージャパング ループ/( 株)名鉄ライフサポート/近畿日本鉄道( 株)/ セコム( 株) ほか

4年間の学び

スポーツ保健医療学科カリキュラム

 

科目Pick Up

運動処方の理論・実技

運動負荷試験の結果をベースに、実験室とフィールドで、安全で効果的な運動プログラムを処方するための知識と技術を実践的に学びます。また、アメリカスポーツ医学会の代謝に関する方程式を用いて、科学的根拠に基づく適切な運動強度を算出できるようにします。

救急救命模擬実習A

心肺蘇生法とともに、救急救命士が医師の指示のもとで行う静脈路確保、薬剤投与などを実習します。訓練を重ねることで動作やスキルを体得し、現場で実践できる素養を身につけます。

健康運動指導実技

有酸素性運動や筋力トレーニング、コンディショニング運動、球技など、多岐にわたる健康運動指導を実践し、運動処方やコーチング、安全管理といった専門的要素を経験し、健康運動の指導者としてのスキル、対応の方法を実践的に学びます。

Virtual Campus Walk

171B実習室(17号館1階)

171C実習室(17号館1階)

512A実習室

SNS情報はこちらから