おうちで中部大学Webオープンキャンパス

電気電⼦システム⼯学科

電気、電子、情報工学の各分野を基礎から幅広く学び、
自分が興味を持てる分野を発見しながら、より高度な知識・技術へと専門性を高めます。
ものづくり企業が求める新しい発想や価値を創出する次世代で活躍できるエンジニアを育成します。

学科紹介動画

 

電気‧電⼦‧情報⼯学の各分野を広く学び、⾃⾝が取り組むべき専⾨性を発⾒しながら、ものづくり企業などで次世代まで活躍できるエンジニアを育成します。
 

卒業までに何が得られるの?[学びのポイント]

  • POINT1
    快適かつ持続可能な社会で必要とされる電気電子工学の分野で、調査・情報収集力、課題設定力、ICT活用力を獲得し、電力・設備、電機・計測制御、材料・デバイス、システム・通信などの知識・技能を身につけます。
     
  • POINT2

    プレゼンテーション力、企画・計画力、論理的思考力を身につけ、現代社会に果たすべき役割と責任を理解した電気電子工学を専門とする技術者リーダーとして地域社会に貢献できるようになります。
     

  • POINT3

    コミュニケーション力、ディスカッション力、傾聴・受信力、自己理解力を身につけ、多様な立場の人と協働で電気電子工学分野の課題を解決できる能力を身につけます。
     

STUDENT'S VOICE

重要性が増している電気システム・電子情報分野を熱心で面倒見のいい先生から学べる。
 

電気・電子・情報の技術は、今後もますます社会に求められます。そのいずれも学べるところが、この学科の魅力です。さらに、わからないところがあればわかりやすく解説してもらえたり、勉強や進路のことで悩んでいると親身に話を聞いてもらえたりと、熱心で面倒見のいい先生が多いです。実験では、企業で働いていた方にも技術員としてサポートしてもらえます。

研究室紹介

山本和男研究室

地球温暖化などの影響で落雷は一部地域で増加傾向にあり、被害も増えています。落雷のさまざまな機器への影響を研究しています。IT機器やEVなどが普及する中、重要な研究として注目を集めています。

中野由崇研究室

大きなバンドギャップを有する次世代パワー半導体の物性デバイス研究を行っています。電子物性面から結晶材料の高品質化を進め、電気自動車等のモーター駆動の省エネルギー化に貢献します。

長谷川勝研究室

電気自動車、産業機器の電動化がこれまで以上に加速する現在、これに対応したモーター制御技術を研究しています。電気電子回路、情報制御を柱として高性能化と省エネルギー化を追い求めています。

学生の活躍

走れ!電気カート

 

所属教員紹介

専門分野や研究テーマなどを公開しています。

取得が期待される資格

●高等学校教諭一種免許状「工業」 ●第一種電気主任技術者(5年以上) ●第二種電気主任技術者(3年以上) ●第三種電気主任技術者(1年以上) ●第二種電気工事士(筆記試験免除) ○一級 電気工事施工管理技士(3年以上) ○二級電気工事施工管理技士(1年以上) ○一級電気通信工事施工管理技士(3年以上) ○二級電気通信工事施工管理技士(1年以上) ○甲種消防設備士 など

就職率 100%

<主な就職実績>
アイシン精機(株)/イビデン(株)/(株)今仙電機製作所/サンワテクノス(株)/シーキューブ(株)/(株)シーテック/(株)ジェイテクト/ジョンソンコントロールズ(株)/スズキ(株)/(株)関電工/綜合警備保障(株)/(株)立花エレテック/中部電力(株)/東海旅客鉄道(株)(JR東海)/東洋電機(株)/(株)トーエネック/萩原電気ホールディングス(株)/マスプロ電工(株)/三菱電機システムサービス(株)/矢崎総業(株)/中部大学大学院 ほか

4年間の学び

電気電子システム工学科カリキュラム

 

科目Pick Up

電気電子創成工学A ~ D

電気電子回路、プログラミング、インターネット通信などの知識・技術を融合させ、一つのテーマ・目的のもとで研究を進めます。目的を達するための手法も学生が考えることで、問題解決力や実践力が身につきます。

ワイヤレス通信

スマートフォンと基地局がつながるといった高度な電波技術、最先端のマルチメディア移動通信/無線制御技術について学びます。将来的には第6世代移動通信、AIロボットにも関連する技術であり、期待されている分野の一つです。

電力工学

発電のエネルギー源とその特徴、電気エネルギーの基礎、電気の安定供給を支える送電技術、電力消費など、私たちが日常的に接している電気について学びます。また東日本大震災以後に活用が増えた各種の発電方法についても学びます。

Virtual Campus Walk

SNS情報はこちらから