おうちで中部大学Webオープンキャンパス

応用生物化学科

化学と生物情報科学を基礎として、微生物や動物、植物などの機能を利用する技術を探求。
バイオサイエンス、バイオテクノロジーを学び、社会的ニーズが高いバイオ産業で活躍する人材を育成します。

学科紹介動画

化学と生物情報科学を基礎として微生物や動物、植物等の生物機能を利用するバイオサイエンス、バイオテクノロジーを学び、社会的ニーズが高いバイオ産業に貢献する専門家を育成します。

学部パンフレット[学科ページを見る]

卒業までに何が得られるの?[学びのポイント]

  • POINT1
    学部共通基礎科目を学んだ後、学科専門科目へと段階的に学びを深めます。バイオサイエンスや化学の中核となる科目について、基礎から応用まで徹底的に学びます。
     
  • POINT2

    動物、植物、微生物がもつ機能を深く理解し、生物機能の多様な応用分野を学びます。さらに、現代におけるバイオサイエンスの基盤技術について理解を広げます。
     

  • POINT3

    1年次から実験科目を履修し、理論とともに実験スキルの修得を目指します。1年次には、生物学や化学の基礎的な実験、2~3年次には専門分野の実験を経験し、4年次の卒業論文研究へとつなげます。
     

STUDENT'S VOICE

生物と化学を基礎から応用まで幅広く学び、自分が本当にやりたいことが見つかった。
 

最初は化粧品の原材料への興味から応用生物化学科に進学したのですが、天然に存在する化学物質の生体への作用について学べる「天然物化学」などを受講するうち、興味の対象が自然と広がっていきました。幅広く学びと選択肢を与えてくれるのが、この学科の魅力です。現在は食品や化学製品の開発に携わる仕事に就きたいと考えるようになりました。

研究室紹介

堤内要研究室

ナノマテリアルを用いたがん温熱療法の開発など、さまざまな研究を行っています。「化学の力でバイオサイエンスの最先端を開拓する」をモットーに、社会で役立つ研究に取り組みます。

柘植尚志研究室

毎年約8億人分の食料が失われる原因の約80%を占めるといわれるカビの、詳細と特徴、遺伝子機構を解明し、より安全で有効な植物保護につながる情報の提供を目指します。

金丸京子研究室 

アミラーゼなど有用酵素を生産し、醸造・発酵食品に利用されるこうじ菌について、酵素遺伝子の発現調節システムや環境との関連性を解析し、酵素生産力を最大限に向上させる研究に取り組んでいます。

所属教員紹介

専門分野や研究テーマなどを公開しています。

取得が期待される資格

●高等学校教諭一種免許状「理科」 ●高等学校教諭一種免許状「農業」  ●食品衛生管理者 ●食品衛生監視員 ○甲種危険物取扱者 ○毒物劇物取扱責任者 ◎技術士補「生物工学部門」および「環境部門」 ◎放射線取扱主任者 ◎公害防止管理者 ◎実験動物技術者 ◎医用質量分析認定士 ◎バイオ技術者 ◎食品微生物検査技士

就職率 100%

<主な就職実績>
アピ(株)/天野エンザイム(株)/伊藤ハム(株)/太田油脂(株)/カネ美食品(株)/キユーピー(株)/九鬼産業(株)/クラシエフーズ(株)/三州食品(株)/JAぎふ/JA三ケ日/シーシーアイ(株)/(株)資生堂/東亜合成(株)/トヨタネ(株)/名古屋製酪(株)/浜乙女(株)/東山フィルム(株)/フジパン(株)/ミヨシ油脂(株)/山崎製パン(株)/山本漢方製薬(株)/UCC上島珈琲(株)/厚生労働省(食品衛生監視員)/中部大学大学院/名古屋大学大学院 ほか

4年間の学び

応用生物化学科カリキュラム

 

科目Pick Up

植物細胞工学

地球上での酸素供給に加え、食料、工業・建築素材、医薬・化粧品素材として活用される植物の機能を学びます。また栽培、品種改良、遺伝子組み換え、ゲノム工学の基礎を理解します。

バイオインフォマティクス

地球上のあらゆる生物がもつ遺伝情報DNAの分子構造、配列に秘められた生物の多様性について理解し、実際に生物の研究に役立てるためのコンピューターによる分析・情報処理技術について学びます。

遺伝子工学実験

医療をはじめ食品、化学など産業界で広く利用されている遺伝子工学に関連した実験を行います。遺伝子導入による大腸菌の形質転換を実際に行い、遺伝子組み換え実験の基礎を学びます。

Virtual Campus Walk

303A学生実験室

304A学生実験室

305A学生実験室

333A学生実験室

細胞培養室

 

培養装置付き
全自動生物発光測定装置

SNS情報はこちらから