おうちで中部大学Webオープンキャンパス

応用生物化学科

化学と生物情報科学を基礎として、微生物や動物、植物などの機能を利用する技術を探求。
バイオサイエンス、バイオテクノロジーを学び、社会的ニーズが高いバイオ産業で活躍する人材を育成します。

学科紹介動画

化学と生物情報科学を基礎として微生物や動物、植物等の生物機能を利用するバイオサイエンス、バイオテクノロジーを学び、社会的ニーズが高いバイオ産業に貢献する専門家を育成します。

学部パンフレット[学科ページを見る]

研究室紹介

堤内要研究室

ナノマテリアルを用いたがん温熱療法の開発など、さまざまな研究を行っています。「化学の力でバイオサイエンスの最先端を開拓する」をモットーに、社会で役立つ研究に取り組みます。

柘植尚志研究室

毎年約8億人分の食料が失われる原因の約80%を占めるといわれるカビの、詳細と特徴、遺伝子機構を解明し、より安全で有効な植物保護につながる情報の提供を目指します。

金丸京子研究室 

アミラーゼなど有用酵素を生産し、醸造・発酵食品に利用されるこうじ菌について、酵素遺伝子の発現調節システムや環境との関連性を解析し、酵素生産力を最大限に向上させる研究に取り組んでいます。

所属教員紹介

専門分野や研究テーマなどを公開しています。

ミニ講義

遺伝⼦と⼈類

「遺伝⼦とは何か︖」、そして「遺伝⼦が私たちに教えてくれること」を紹介します。

「固定化」による微⽣物利⽤

パン酵⺟の固定化と、固定化した酵⺟の活性確認試験について紹介します。

Virtual Campus Walk

303A学生実験室

304A学生実験室

305A学生実験室

333A学生実験室

細胞培養室

 

培養装置付き
全自動生物発光測定装置

SNS情報はこちらから