おうちで中部大学Webオープンキャンパス

食品栄養科学科 食品栄養科学専攻

バイオサイエンスを基盤とした食品と栄養に関する科学領域の知識と技術を身につけます。
生命現象における栄養素の機能解明、食品の健康機能性の解明と利用、新商品や生産技術の開発、
食の6次産業化などに貢献できるエキスパートを育成します。

紹介動画

食と栄養に関わる先端バイオを深く学び、食の未来を創造し、食の課題を解決できる食と栄養のバイオサイエンスのエキスパートを育成します。

研究室紹介

山本敦研究室

食品中に含まれてはならない有害物質の有無について、微量測定をして確認します。分析機関で測定値の品質が理解できる人材を育成するため、共同で学内インターンシップを開催しています。

津田孝範研究室

クルクミンというカレーの黄色色素などの食品成分でエネルギー消費を促す褐色脂肪細胞を増やす研究をしています。この関連研究を通して最先端の食品機能研究を学び、応用力を養います。

根岸晴夫研究室

テストプラントを利用し、食品の開発や加工技術について研究しています。特に乳酸菌を利用した発酵食品では、加工中に成分的変化が起こっておいしくなるということの関連性について学びます。

取得が期待される資格

●高等学校教諭一種免許状「理科」 ●高等学校教諭一種免許状「農業」 ●食品衛生管理者 ●食品衛生監視員 ◎甲種危険物取扱者 ○食の 6 次産業化プロデューサー

就職率 100%

<主な就職実績>
( 株)伊藤園/フジパングループ本社( 株)/あいち豊田農 業協同組合/( 株)大光/米久デリカフーズ( 株)/住友林 業ホームサービス( 株)/( 株)両口屋是清/清田産業( 株) /( 株)アルプ/一般財団法人食品環境検査協会/太田油 脂( 株)/エステートケミカル( 株)/日進乳業( 株)/協和 医科器械( 株)/オリザ油化( 株)/中部大学大学院 ほか

4年間の学び

食品栄養科学科 食品栄養科学専攻カリキュラム

 

科目Pick Up

栄養生化学

栄養素の化学的特徴、ヒトにおける栄養素の消化吸収と体内での動態、食事が生体機能に及ぼす影響などを学びます。食事により栄養成分を体内に取り込む仕組みと栄養素による健康への影響を学び、食の重要性を理解します。

食品機能学

食品の生理機能を肥満や糖尿病など生活習慣病の予防に役立てるため、さまざまな研究が進められています。その研究動向を知り、食品の新たな効能やそのメカニズム、効能評価のための手法を学びます。

食品製造・加工学実習

テストプラントに設置した製造・加工機械を利用して、加工食品などの製造実習を行います。原料処理、混合、分離、加熱、殺菌、冷却、包装などの各工程で食品技術者に求められる知識とスキルを学修します。

Virtual Campus Walk

食品プラント 衛生エリア

食品プラント2階

食品プラント1階

303A学生実験室

304A学生実験室

305A学生実験室

333A学生実験室

 

培養装置付き
全自動生物発光測定装置

 

coming soon

 

SNS情報はこちらから