おうちで中部大学Webオープンキャンパス

応⽤化学科

さまざまな実験を経験しながら、実践的な研究・開発力と化学への深い理解、
幅広い分野に精通した化学技術者を育成します。併せて世界水準・最先端の化学に触れながら国際感覚を養います。

学科紹介動画

世界⽔準、最先端の化学に触れ多数の実験を経験。素材革命、環境保全、次世代エネルギーなど、世界の課題にチャレンジできる実践的な研究⼒を備えた⾼度な化学技術者を⽬指します。
日本技術者教育認定機構(JABEE)認定のスペシャリストコースを設けています。

卒業までに何が得られるの?[学びのポイント]

  • POINT1
    調査・情報収集力、課題設定力、企画・計画力、ICT活用力、デザイン力など、社会で必要とされるさまざまな能力を身につけ、安心・安全かつ快適な社会基盤の整備に貢献できる化学技術者・研究者を目指します。
     
  • POINT2

    化学技術が人間社会、自然環境に及ぼす影響を理解し、プレゼンテーション力・論理的思考力など、知識・技能を最大限に活用するための能力を身につけ、持続発展可能な地球環境の開発・保全に貢献できるリーダーを目指します。
     

  • POINT3

    コミュニケーション力、ディスカッション力、傾聴・受信力を活用し、多様な人の立場を尊重し、チームワーク力を発揮して協働で物事に対処できる、国際性も視野に入れた化学技術者・研究者を目指します。
     

STUDENT'S VOICE

学びが深まる、座学と実験のバランス。先生や先輩も優しく、なんでも相談しやすい。
 

座学と実験がバランスよくあるので、座学の学びを実験の考察に生かしたり、実験の反応で座学の理解が深まったりします。また、1年次からある学生実験では、先生や先輩が手とり足とり教えてくれます。それがきっかけで話しやすくなり、今ではレポートや資格勉強の相談にものってもらっています。将来は、世の中に役立てるようなものを創り出したいです。

研究室紹介

饒村修研究室

セレンなどのヘテロ原子を組み込んだ新規有機化合物を合成し、その特異な分子構造や反応性に関する研究を行っています。元素の特性を生かした新しい機能の創出を目指しています。

山田直臣研究室

スマートフォンやパソコンに必ず使用されている「電気が流れる透明な材料」についての研究など、ありふれた元素だけをもとに新たな材料開発を行っています。

石川英里研究室

金属イオンの自己集合化反応を利用して、複数の種類の金属を組み合わせたさまざまな形を持つ大きな金属酸化物クラスターを合成し、新しい触媒や固体電解質などの開発を行います。

所属教員紹介

専門分野や研究テーマなどを公開しています。

取得が期待される資格

●高等学校教諭一種免許状「理科」 ●高等学校教諭一種免許状「工業」 ●技術士補( スペシャリストコース修了生は申請により取得可) ●毒物劇物取扱責任者 ○作業環境測定士(1 年以上) ○甲種危険物取扱者 など

就職率 100%

<主な就職実績>
アピ(株)/イビデンエンジニアリング(株)/(株)オーツカ/(株)オティックス/カイインダストリーズ(株)(貝印グループ)/菊水化学工業(株)/岐セン(株)/三甲(株)/山九(株)/ダイハツ工業(株)/大和化成工業(株)/(株)デンソー/東亞合成(株)/東京ファブリック化工(株)/トリニティ工業(株)/フタムラ化学(株)/プラマック(株)/蟹江町役場/三重県高等学校教員/中部大学大学院 ほか

4年間の学び

応用化学科カリキュラム

 

科目Pick Up

応用化学実験

1年次に学ぶ基礎化学実験や応用化学分析実験をはじめ、有機・無機・物理化学や化学工学の分野におけるさまざまな実験を行い、化学を学ぶ楽しさを感じながら幅広い知識・技術を修得することができます。

コア科目(応用化学基礎)

1年次から2年次にかけて、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、環境化学工学の各分野の基礎を少人数クラスでしっかりと学び、その後の専門科目の履修へとスムーズにつなげていくことができます。

創成実習

企業の現場での課題や新しい開発テーマを設定し、実際に企業で働く技術者と共同で実験・調査、ディスカッションなどを実践しながら、自ら提起した課題やテーマの答えを導き出します。

Virtual Campus Walk

142A実験室(無機系)14号館

142B実験室(有機系)

143A実習室
(物理化学・化学工学系)14号館

SNS情報はこちらから